Crystal Blog

 

お位牌やお仏壇を用意して、自宅でペットを供養する人が多くなっています。ただ、こうした仏具がどういったものかが分からない、という人も増えてきているようです。親から子、そしてその子どもへと代々引き継がれてきたしきたりが、年々薄れてきてしまっている例の一つです。そこでまずは、お位牌やお仏壇に関する基礎的な知識をいくつかまとめてみました。

【お位牌について】

○形に宗派は関係ない。

仏具は宗派により形が決められている、と思いがちです。しかし、お位牌に宗派の縛りはありません。

○必ずつくるものではない。

自宅で供養する時にすぐに思い浮かぶお位牌ですが、こちらは必ずつくらないといけない、といった決まりはありません。

○複数つくる事もできる。

お位牌は一つだけでなく、複数つくる事もできます。位牌分けという形で、それぞれの人が持つ事が慣習化されている地域もあるようです。

【お仏壇について】

○設置場所に関する明確な定めはない。

かつては仏間があったものの、最近ではこうした部屋がない家が多くあります。供養がしやすい場所に設置する、といったやり方が慣例化してきているようです。

○設置の方角に制約はない。

場所はともかく、仏具なので方角は気をつけるべきでは、という考えがあるようです。しかしこちらについても、明確な制約はありません。北向きを避けるように設置される事が多いようですが、これも決まり事ではありません。

他にも購入する時期に関する疑問が聞かれますが、こちらも四十九日が目途とされるケースが多いだけで、必ずこの時期までにというのではありません。また戒名が付けられていない、といったお位牌もあります。

このようにお位牌もお仏壇も、案外と厳密な定めはないものです。

ですからペットの仏具をつくるという場合にも、さまざまな素材や種類のものが使われています。

お位牌は故人を映すものですから、ご自分のペットのイメージに合い、供養の心を忘れないためのものを、一つの基準にすると良いでしょう。

写真が入ったクリスタルガラスのお位牌や、リビングと調和する現代的なお仏壇などを揃えると、日常によくとけ込んだメモリアルとなるでしょう。

kp-17-01s

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文