Crystal Blog

世の中には想像したくないことが、たくさんあります。
(可愛らしいペットがもし亡くなったら・・・)、そんな想像も、絶対にしたくないはずです。しかし別れはいつかやって来ます。
ふだん考えたくなかったことなので、いざペットが亡くなった時にどうすれば良いかをまったくご存知ない方は、少なくありません。
ペットが亡くなった時には、ご遺体に関して次の三つの方法が取られます。

1、飼い主が自ら対応する。
2、飼い主が地方公共団体へ対応を依頼する。
3、飼い主が寺院や民間業者へ対応を依頼をする。

3はいわゆるペット霊園といったものを指します。料金的には、やや高めです。
2の公共団体で対応というのは良いような気がしますが、ペットは動物なので法律上は死んだら一般ゴミとしての処分対象になってしまいます。公共団体へ依頼をした場合にはこの考えが適用されますので、抵抗を示す方は多くいます。

最も多いのが、1の方法です。ただし飼い主がすべてを考え行わなければなりませんので、基本的な知識が必要です。とはいえ、形式ばったことはそれほど重要ではなく、自分がどう供養してあげたいのかを基準にして動きます。

ペットが亡くなった直後の対応としては、「ペットのご遺体を清めてあげる」「安らかに眠れるよう安置してあげる」といったことが、最低限必要です。その後に葬儀や火葬、供養の仕方を決めていきます。
なおペットについては、土葬がおこなわれる事もあります。都市部では難しいかもしれませんが、地方では庭に穴を掘って埋葬するというのもよく見られる方法です。

火葬の場合には、上述のペット霊園に納骨するという方法もありますが、遺骨を自宅に引き取って手元供養をするという方法も取られます。
手元供養はペンダントなどにお骨を入れ肌身離さず一緒にいるというやり方もありますし、自宅に骨壷、小さな仏壇、生前のペットの写真を入れたフォトフレームを祀るといったやり方もあります。
ペットの場合は一般的なお位牌ではなく、在りし日の元気な姿を写真にした明るい物も好まれています。

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文