Crystal Blog

・「時計」を贈ることの意味について考えてみる
世の中には贈り物として重宝される品が数多く存在しますが「時計」はその中でも何か別格の贈り物であるように思いませんか?
便利な生活用品や美味しい食べ物ではなく、贈り物として考えると少し堅苦しい雰囲気すら感じてしまう「時計」。
そんな「時計」をなぜ贈るのか少し考えてみましょう。

・学校での行事や式典の記念品として
学校の式典などで記念品を貰った思い出、誰にでもありますよね。
入学式に創立記念、卒業式など様々な行事があるます。
今でも3色ボールペンやノートといった「勉強してください!」という言葉を表しているかのような贈り物などが一番多いのではないでしょうか?
ある意味「実用的な贈り物は、否が応でも贈り主の気持ちが伝わってくる」のかもしれません。
ちなみに、目上の人、もしくは親が子供に対して「時計」をプレゼントすると、
そこには「勤勉に」という意味が発生するそうです。
「学生である時間を大切にしてほしい」というメッセージを込めたいのであれば「時計」の贈り物が良いかもしれません。

・金婚式のお祝いとして
「時計を贈り物として選ぶ行為には『勤勉に』という意味が込められている」と書きましたが他の意味もあります。
女性が男性に贈る場合「貴方の時間は私だけのモノ」
男性が女性に贈る場合「人生を一緒に歩んでいこう」
と言った意味があるとされています。
男性が女性に「時計」を贈る場合はもう完全にプロポーズですね、うらやましい。
一方、女性が男性に「時計」を贈る場合の意味は……少しホラーに感じてしまうのは気のせいでしょうか。
しかしながら、金婚式で「時計」を贈られた場合「愛されている証拠」以外の何ものでもないしょうね、うらやましい。

・オススメはクリスタルの置時計
「さてさて、そんな「時計」の贈り物にピッタリな贈り物ないかなー」
あっココにあるじゃないですか。
クリスタルと時計の調和、オリジナルの彫刻だってデキちゃうステキな商品。
美しく輝くクリスタル製品であればこそ、どんなお部屋にでもピッタリ馴染みます。
贈る相手のお部屋が真っピンクでも問題ありませんよ、きっと。
「どの部屋にも馴染む」ということは、ある意味「特徴がない」と言えるかもしれません。
ただ「場面を選ばない汎用性の高さ」というのはクリスタルの持つ魅力の一つであり、贈り物において大きな強みでもあるのです。
学校の式典や金婚式でのプレゼントでは「意味を込めて」贈るのも良いですし、
毎年の贈り物に頭を悩ませている方は「シンプル・イズ・ベスト」なクリスタル製品を贈ってみては如何でしょうか。

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文