Crystal Blog

・手元供養とは
故人を埋葬する時、一般的にはお墓に遺骨を入れますよね。一族で昔からあるお墓に入れたり、新たに墓地を購入して埋葬することもあるでしょう。すぐにお墓を見つけ購入出来れば問題ありませんが、墓不足や購入資金の問題、また遠方にお墓があるためお手入れや供養が大変と、様々な問題があります。そのようなことを解決するために最近は色々な供養の方法が出てきました。中でも今回紹介したのは、手元供養というものになります。
手元供養とは、読んで字のごとく手元で供養をするものです。手元供養といっても2種類あり、遺骨をお墓に入れずに全て自宅で保管するものと、遺骨の一部だけを保管するものがあります。後者に遺骨の一部とありますが、お墓に入れた遺骨から手元供養用として少し分けてもらうことになるでしょう。
手元供養といってもまだあまり馴染みがないかもしれません。では、なぜ手元に遺骨を保管するのでしょうか。それは、大切な人を常に感じられるからです。遺骨を全てお墓に入れてしまうと手元には何も残らず、遺品と思い出くらいしか残りません。
また、自宅で常に供養が出来ることも利点です。お墓が遠方にあると行くまでが大変です。お墓に行くための時間も作らなければなりません。それを考えると自宅での供養は有難いですよね。
資金不足でお墓を購入出来ない人が安い手元供養を選択する場合もあります。お墓を作るとなると100万円以上はかかりますが、手元供養の場合は分骨のための骨壷代くらいです。

・クリスタルガラスで手元供養を
少しでも華やかに手元供養をするためにもクリスタルガラスに遺骨を入れてみてはどうでしょうか。アルミ製の遺骨入れをクリスタルガラスの綺麗な容器に納める形となります。クリスタルガラスで新しく手元供養を初めてみませんか?

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文