Crystal Blog

―そもそもスワロフスキーってなに?―

スワロフスキーとは『オーストラリアにあるクリスタル・ガラスを取り扱う会社の社名』であり、独自のカッティング技術を生かした製法でビーズやアクセサリー製品などの製作がされています。
その独自の技術で作られたスワロフスキーには特別な輝きが秘められており、ダイヤモンドに匹敵する輝きである、などと言われたりしています。

―なぜ高級なのか?―

高級クリスタル・ガラスとして扱われている『スワロフスキー』ですが、それほどまでに高級品として扱われるにはやはり理由があります。
その主な理由は2つあります。

1、輝きの質を高めるカッティング技術
2、クリスタル・ガラスに含まれる酸化鉛の量

1に関しては冒頭で書いた通りですが2については少し説明させて頂きたいと思います。
そもそもクリスタル・ガラスが光輝くために『カッティング技術』と同じぐらい大切になってくるのが『酸化鉛の含有量比』です。
この『酸化鉛の含有量比』を簡単に説明すると、多ければ多いほどクリスタル・ガラスの輝きが増すわけです。キラキラです。
通常のクリスタル・ガラスでは酸化鉛の含有量比がおおよそ24%、対してスワロフスキーのクリスタル・ガラスでは32%となっており、簡単に説明すると『キラキラ』が『キラッキラ』ぐらいに変わります。
そこにスワロフスキー独自のカッティング技術が相まって、特別な輝きを放つクリスタル・ガラスになるわけですね。

―どんなふうに使われるにか―

さて、そんなクリスタル・ガラスですが案外色々なシーンで使われていたりします。
アクセサリーとかビーズとして使われることもあれば、時計やジュエリーに用いられることもありますし、中にはグラスやボトルの装飾に使われることもあり、非常に広い用途で使われているのです。
その特別な輝きと溢れる高級感は、身に着けるのも贈り物とするのもピッタリなクリスタル・ガラスの王様だと言えるでしょう。

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文