Crystal Blog

2月14日と言えばバレンタインデー。
もはや老若男女問わず知っているイベントですが、困ったことがあります。
それはチョコレートを贈る世代間の年齢差です。同じ世代やちょっと歳が離れた世代ならいざ知らず、時には高齢の祖父や祖母からバレンタインの贈り物を貰ったりすることも。
また、バレンタインデーの一か月後にはホワイトデーがあり、高齢の方へのお返しにチョコレートを贈っても大丈夫なの?と思ってしまうかもしれません。
高齢の方ともなると、チョコレートを食べるのが辛いということもあります。

チョコレート以外のお返しも一つの手

チョコレートに限らず、高齢の方と自分の世代とでは食べ物の嗜好に違いがあって当然です。私もご高齢の方にウイスキーボンボンの贈り物をしたことがありますが、口に合わずあまり喜んでもらえなかった、という経験があります。
相手の食べ物の嗜好が分からないのであれば、チョコレートや食べ物以外の、何か記念になるような品物をプレゼントしたほうが良いのかもしれません。
思い出になるような記念品のほうが喜ばれるということもあるでしょう。

写真をスマホに保存する時代だからこそフォトフレーム

身内にはフォトフレームはいかがでしょうか。
写真というのは現像こそするものの、アルバムに保管して終わりということが多くありませんか?
最近ではスマートホンで撮影してデータとして保存するだけ、という場合も。
もちろん相手もスマートホンを持っていれば問題ないのですが、ご高齢の方だと写真をデータで渡せないなんてこともあるかもしれません。
高齢の方に対しては、普段渡せていない記念写真と一緒にフォトフレームを贈るのも良いかもしれません。
写真立てをプレゼントする機会がないという方は、バレンタインの贈り物やホワイトデーの贈り物としてお考えになってみませんか。
フォトフレーム【DF-1(YA)】

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文