Crystal Blog

春に、不思議に思うことがあるのです。
それは、
「どうして子どもたちは、あんなに嬉しそうに入学式に向かうのだろう」
ということです。
入学式でなく、幼稚園や保育園の入園式だともっと嬉しそうな顔をたくさん見るのかもしれませんね。

思い返してみると、自分は・・・さすがに記憶がほとんど残っていません。
「幼稚園に入ったらお友だちがたくさんいるよ」
「いっぱい遊べるよ」
なんて聞いた覚えは、ありません。

でもやっぱり笑ってたのかな・・・という気はします。
「新しい毎日が始まる」、というのを幼いながらも感じていたのかもしれません。
もしかすると私たちには、これから始まる何かに期待する本能のようなものがあるのかもしれませんね。

******

中学、高校、大学へと進んでいくと、おぼろげに入学の頃の記憶があります。
その頃は不安を片方の胸にかかえ、もう片方の胸には期待もあって、それが左右に振り子のように揺れている状態でした。

大学は完全に新しい場所、知り合いゼロからのスタートでした。
自分ですべてしないといけないのですから、あの頃の記憶はいまだに鮮明です。
大変だったけど、新しい部屋、新しい人間関係、手探りで暮らしをつくっていく毎日。充実ぶりも、ハンパないものがありました。

社会人になると入社式ですね。
4月の街中には、真新しいスーツを身に着けた若い人たちの姿が見られるようになります。一括採用の是非などはありますが、これも春の良き風景だと思います。

このブログを読んでいる皆さんも、入園、入学、入社のさまざまな思い出をお持ちでしょう。
その頃の記念になるものを、何かお持ちでしょうか。きっと「自分だけの大切な品」がある方も、たくさんいらっしゃることでしょう。

記念品、お祝いの品というのはさまざまな記憶とともにあります。
それが目に入った時に、ふと懐かしい春の光景を思い出すものです。
私たちはクリスタルガラス製品を通して、思い出をいつまでも心に刻むお手伝いをしています。
 
フォトクリスタル【DW-22GD】

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文