Crystal Blog

漆黒のお位牌に金色の戒名を刻み、格調あるお仏壇に供えるという形は、誰もが知っている供養の形かもしれません。
ですが、ご家庭によっては大きなお仏壇を用意することも難しく、厳かな供養の形が生活の場にそぐわないということもあるでしょう。
故人への思いを、お位牌の姿を変えることであらわしてみませんか?クリスタル製のお位牌を作ることにより、供養を身近なものにできます。

お位牌は故人の姿そのものとも言われますが、厳粛な黒いお位牌へと形を変えることにより、寂しく思う方もいます。生前のように、もっと傍にいて欲しいという気持ちもあるでしょう。
故人を身近に感じられるよう、美しいクリスタルのお位牌を選ぶという方法もあります。現代的なお位牌の形にすることで、お部屋の中に置いても自然になじみます。
家具調のお仏壇に合わせれば、仏さまとしての威厳を保つこともできます。

一つずつ手作業でカットを行い、丁寧に戒名を刻んだクリスタルのお位牌は、ただ美しいだけではありません。経年劣化にも強く、お手入れがしやすいのが特徴です。いつまでも美しい姿を留めておくことができます。
形や大きさを選ぶこともできるため、お部屋に合わせた大きさ、故人のイメージに近いデザインを選べます。
重厚感のあるデザインであっても透明度が高いため、優しい光で癒しを感じさせてくれます。故人が静かに見守ってくれているような、あたたかみのある安らぎを感じることができるでしょう。

御遺骨を納骨せずにお家にて保管する、分骨して一部を手元に残すという「手元供養」という形をとられる方もいます。御遺骨をクリスタルの仏具におさめ、お位牌と共に安置することもできます。
「いつも近くにいて欲しい」、そんな願いを形にあらわしたいのなら、故人も、故人を知る方々も喜ばれるのではないでしょうか?
伝統的な形にとらわれず、ぜひ納得できる供養の形を探してみてください。

 

クリスタルお位牌【KH-6】

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文