Crystal Blog

華やかなイメージがよく似合うトロフィー。
サッカーのワールドカップ、その優勝トロフィーともなると、世界の熱狂の中心にあります。ですからその輝きは、いっそう強いものになります。

しかしサッカーをよく知っていると、ふと別のことが頭をよぎることがあるのです。
それは、ワールドカップの初代トロフィーは行方不明になっているということ。
その初代トロフィーは、ジュール・リメ杯(ジュール・リメ・トロフィー)という名でサッカー通に知られています。

ちなみにジュール・リメというのは、第一回のワールドカップが開催された時のFIFA(国際サッカー連盟)の会長の名前です。
一回目のワールドカップが開催されたのは、1930年。つまり20世紀に入ってからです。まだ百年たっていないんですね。

さて初代ワールドカップトロフィー、ジュール・リメ杯はブラジルがワールドカップで3回目の優勝を果たした時、ブラジルで永久に保管されることになりました。
しかしあろうことか、このトロフィーは盗まれてしまったのです!

もっとも犯人は捕まり、大切なトロフィーは「溶かした」と証言しています。
ミステリアスなのはあくまでも犯人が証言しているというだけで、トロフィーが本当にその姿を失ってしまったのかは、謎に包まれているということです。
盗まれたことは大変残念で、犯人たちの所業は決して許されないですが、まだ世界のどこかにトロフィーは存在しているのではないかと考えるのは、私だけでしょうか。
いえ、実際にジュールリメ杯はあるコレクターが所有しているといった噂も、根強く流れています。
真相はまったくわかりませんが、現物が消えてしまっていてもこんなに想像をかきたてるトロフィーというのも珍しいものですね。

こんなことを書いていたら、今年はちょうどワールドカップイヤーでした。
日々の忙しさで忘れかけてしまっていましたが、トロフィーというものの価値を強く実感する一ヶ月間が始まるのです。

 

クリスタルトロフィー【CR-7】
クリスタルトロフィーCR-7

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文