Crystal Blog

サッカー、ロシアワールドカップが終われば日本ではJリーグが再開します。
そのピッチには、世界的なスーパースターの姿があるはずです。
ヴィッセル神戸の、イニエスタ選手です。

いま自分で、「ヴィッセル神戸の」と書きながらドキドキしました。
FCバルセロナでもスペインでもなく、日本のクラブチームの所属にあのイニエスタがなることを、より強く実感できたからです。

神戸は昨年、ドイツのポドルスキも入団しています。ですからワールドクラスのビックネームを、二人揃えることになります。
ちなみに私たちの本社がある大阪では、数年前にセレッソ大阪がウルグアイのフォルランという、これまた正真正銘の大スターを獲得したことがありました。
こうした有名選手は名前を挙げていくだけでも、なんだかワクワクするものですね。

さてイニエスタ選手がまだジュニアでプレーしていたころ、私もFCバルセロナの本拠地、カンプ・ノウを訪れたことがあります。
シーズンオフで試合はおこなわれていませんでしたが、スタジアムの下がチームのミュージアムになっていて、そこを見学させてもらいました。
今ほどではありませんが、バルセロナは当時から世界でも有数のクラブチーム。
多くのトロフィーや優勝カップが飾られていた記憶があります。

その後も数々のタイトルを獲得し、イニエスタをはじめメッシやシャビ、ネイマールにスアレスなど、最近でも輝けるスターたちが大集結したバルセロナ。いつかまたカンプ・ノウを訪れて、新たに加えられたトロフィーとスター選手たちの足跡を確認したいものです。

こうした優勝カップやトロフィー、それに個人に贈られる楯などは、時代とともに独特の味わいが出てくるのも一興。
よく年代を重ねてきたものを「味がある」と評すことがありますが、まさにその状態です。
トロフィーや楯が贈られるのは、スポーツに限りません。仕事や学業など、自分のフィールドで輝きと確かな足跡を刻んでいきたいものです。

クリスタルトロフィー【CR-7】
クリスタルトロフィーCR-7

ボール写真

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文