Crystal Blog

近ごろはスマートフォンを時計代わりに見ている、という人も多いのだとか。
確かに肌身離さず持っている、時間がわかるという意味だと合理的ですね。

ただし時計というのは、昔から男性のステータスの象徴とされています。
女性の場合はジュエリーがこれにあたるのかもしれません。
高級時計が腕に巻かれている男性は、それだけで一目置かれるのだとか。
それは見る人が見ればというもので、たとえば高級レストランや高級ホテルでは、男性の腕をチェックしているとも聞かれます。

先日も私のまわりである男性の腕時計が話題になったのですが、それは桁が一つ、二つ、三つ・・・と、時間さえわかれば事足りるという人が聞けば、腰を抜かすほどの値段のものでした。
それを日常生活のなかで身に着けるというのは、カッコいいという気にやはりなりますね。

さて、自分が身に着ける時計ではなく、家に飾る置時計というのもステータスの象徴になる場合があります。
時計自体が価値ある逸品ということもあれば、その意味合いが優れているということもあります。
記念の楯と一体になった置時計は、その代表的なものです。

私たちもクリスタルガラスをベースにした置時計、「クリスタルクロック」を豊富に取り揃えています。
形や大きさはさまざまですが、ここで一番人気のアイテムを紹介しましょう。

側面に手作業にて施されたダイヤカットが美しく光る、「DT-4 クリスタル時計」です。
大きさはライターより少し大きいくらいのコンパクトなものなので、ちょっとした記念品、日常的なお祝い品として選ばれています。もちろん名入れもできます。
ダイヤカットと名入れの二つの組合せで、印象的な記念時計にすることが可能です。
企業の○○周年や創立記念、還暦祝いや卒業など個人の記念品にもピッタリのアイテムとなっていますので、気になる方はぜひ商品ページもチェックしてみてくださいね。

 
クリスタル置き時計【DT-4】
クリスタル置き時計DT-4

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文