Crystal Blog

このブログは夏の真っただ中に書いているわけですが・・・暑いです。
もしこのブログを読んでいただいている時期も厳しい残暑がつづいているようだったらしつこいようで誠に申し訳ないのですが、とにかく暑いです。

サッカーのワールドカップの決勝があった後の一週間は、特に酷暑と呼ぶのがピッタリな日々でした。
おかげでそれ以降に気温が30度前半になった日には、「あれ、すごしやすくなったな」などと思ったほどです。
まだ人の体温くらいの気温だったんですけどね。

そんなわけで連日にわたり新聞やテレビ、インターネット上には熱中症という言葉が躍りました。
実は私も、「あれっ?」と思う時が何度かありました。
これだけ暑いと、人間のみならず動物にも影響が出そうですね。
ペットを飼っている人は、とても心配なのでは?

ちょっと調べてみると、やっぱり犬や猫にも熱中症はあって、これだけ気温が高いとかなり深刻な状態になっているみたいです。
環境省の出している告知にも、幼児の欄に「ペットも要注意」といった記述がありました。

http://www.wbgt.env.go.jp/pdf/heatillness_leaflet.pdf

たとえば犬の場合だと、ふだんとは違う呼吸を始めたら熱中症のサインなのかもしれません。猫は不調がよりわかりづらいともいわれます。元気がないのは、もしかしたら熱中症が顕在化してきているのかもしれません。
またインコのような南方の鳥でも、暑さ対策は必要とされています。

ペットとは心が通い合っていると思いつつも、やはり不調や苦しい時のサインにすぐに気づいてあげられない時もあるでしょう。
専門の情報サイトや本、場合によっては獣医さんに見せるなどをしていきましょう。

***********

寿命はもちろん、何らかの病気やトラブルで予期せぬペットとの別れがあるかもしれません。
そんなことにならないようにするのが一番ですが、万が一の時には心をこめておくってあげたいものです。
そしてペットがそばにいてくれた大切な日々を思いながら、手元供養をしてはどうでしょうか。

 
クリスタルペットメモリアルセット【KP-2-ASET】
ペットメモリアルセットKP2-ASET

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文