Crystal Blog

昨今のトレンドワードの一つが、「多様化」だと思います。
いろいろなものごと一つを取っても、昔に比べると遥かにバリエーションが豊富になっています。

働き方もその一つですね。
昔は職業というと、ある程度限られているものでした。
ところが最近は実に種類が豊富です。
また学校を出れば就職をするというのが基本的なパターン、だから就職活動というのが一斉におこなわれている感じでした。

今も絶対数で就職活動をするという人が多いのは確かでしょうが、それだけではありません。
学校にいる間から起業(開業)をしているというケースもあります。
昔だと非常に珍しかったといえますが、今はこうした経歴の人を見かける機会が多くなっています。
それもテレビに出ているようなキャラクターの際立った、特別な人というばかりではなく、フツーの人から「私は学生の頃から起業しているんで、会社で働いたことがないんですよね」という声を聞くことも日常のなかでちらほら。
実際に話していて「若いのにすごいな」と思っていると、勤めの経験がないため会社勤めの人なら誰でも知っているようなことを知らないなんていうことも。
このギャップが、とても面白いです。

開業の記念品としてクリスタル製品の中で定番なのは、楯や時計、ペーパーウェイトといったところでしょうか。
しかし時代も変わってきています。
今からはこれだけでなく、フォトフレームなんかを開業の記念品にするのもいいかもしれません。

それというのも、開業時の集まりやお祝いのシーンは、必ずといっていいほど写真におさめるからです。
写真も今はフィルムでなくデジタルデータになっていて、現像して渡すのではなくSNSにアップして共有するのが主流です。
ただ多くのSNSは時間とともに流されていくタイムライン形式なので、大切な思い出を手元に残しにくいという欠点があります。
時代が変わってもクリスタル製のフォトフレームというアナログの記念品、それならではの価値や役割があるのです。

 
クリスタルフォトフレーム【DF-1(YA)】

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文