Crystal Blog

ツイッターのタイムラインを見て、何だろうと思い、読んでドキッとしました。

何だろうと思ったのは、感覚的に自分がフォローしているアカウントではないと感じたからです。
ツイートの内容から何となく「あの件かな・・・」と思いましたが、アカウントをフォローしていないのでどうしてタイムラインに入ってきたの? というのが疑問でした。

まあこれは、フォローしている人がリツーイトしていたからだったわけですが、ドキッとしたのは人の行動や最近の風潮をズバリ、直球で言葉にしていたからなんですね。

前澤氏のニュースはあれだけ流れているからちょっとは知っている、というくらいです。
月へ行くことに関しては、自分が行ってみたいかどうか聞かれたらそれほどでもないし、行ったら何がしたいかと質問されても言葉に窮してしまいます。むしろ宇宙とかに興味が無くなったな、子どもの頃はあったのにな、と私自身に寂しい気がしたというのが感想です。
ただし日本の中で見てみたい場所や風景というのはあるので、単に興味の対象が変わっただけなのかもしれませんが。

前澤氏のツイートで特に響くのは、「昔からギリギリの中で自分確立してきて」という部分です。
人って他人のことはわからないですよね。
その人の内面とか気持ちっていうのは目に見えませんし、察することが上手な日本人も理解しきることはできません。
派手にやっている、成功ばかりしているように見える人でもギリギリの戦いを続けているのだというのが、このツイートからは感じられます。

こうしたことがわかると、ビジネスやプライベートで「何とかしよう」と日夜もがいている人の、心の支えになるのではないでしょうか。みんな同じなんだ、と。
開業をする、という時なんかはこうした不安定さのピークかもしれませんね。
そして開業したあとだって、それは続いていきます。
そんな時には少しだけでもその人を支えるような気持ちを見せられると、大きな声援となって心に届いていくかもしれません。

 
開業祝い・名入れクリスタルクロック【gw1000-11021】
マルカートスケルトンクロック

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文