Crystal Blog

少し前に、
“『東京ラブストーリー』の再放送開始”
とういうニュースが大きく取り上げられました。

東京ラブストーリーは柴門ふみさんのマンガを原作にしたテレビドラマで、1991年の初回放送では一大ブームを巻き起こしました。
もうこの言葉の意味がわからないという世代も今は多いでしょうが、「月9」というトレンドワードが生まれたのもこの頃だったと記憶しています。

私の周囲でも、「東京ラブストーリーが始まる」というのは話題になっていました。
インターネットがない時代、どうやってこういうトレンドをみんなつかんでいたんでしょう。今となってはそれさえもわかりません。

さておき、今度は『29歳のクリスマス』という1994年のテレビドラマも千葉テレビで再放送される、というニュースを目にしました。
こちらも話題になったドラマ。とはいえ、東京ラブストーリーは観ていましたが、29歳のクリスマスはタイトルこそ覚えていたものの、内容も出演者も記憶にありません。
たぶん私が忙しくしていたのか、あるいは別の番組を観ていたんでしょう。

1990年代前半は東京やクリスマスの夜というのが特別なムードを持っていた、というのがこれらのドラマから感じられると思います。
もちろんこれに近い生活をしていた人もいるでしょうが、こうした雰囲気には無縁、現実には知らないという人も大勢いるはずです。
よく「クリスマスの夜は街がカップルであふれていた」なんて言いますが、実際には仕事が忙しくて残業していたという人も多いはず。試験準備やレポートの提出に忙しい、というその頃の学生さんも多かったのでは?
こんなふうにドラマというのは非日常のエッセンスを含んで作られるものですから、そこはお間違いのないよう。

いずれにしても平成初期のヒットドラマが立て続けに放送されて話題になる、というのはたまたまではないでしょう。
そういえば平成も来年の4月まで。ですから平成のクリスマスも今年までなんですね。最後の美しい思い出と記念を。

 
LEDクリスタルツリー【CR-30CLED】
LEDクリスマスツリーCR-30CLED

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文