Crystal Blog

周年記念というのは、5周年や10周年、この倍数が区切りも良くてピンときますね。
2018年はちょうど平成30年。そこでこの年にピッタリ30周年を迎えた所で、特に馴染み深いものを紹介しましょう。

●東京ドーム
今は全国の主要都市にありますが、全天候型の巨大施設といえば東京ドームが最初でした。
ドーム≒野球場、巨人軍のスタジアムという前提ですが、実際には他のスポーツもおこなわれます。プロレスや格闘技、アメフトの開催もありますね。初期にはサッカーがおこなわれたことがあるんですよ。
ドームといえばコンサート、というイメージを持っている人も多いかもしれないですね。アーティストにとっては一つの到達点、また定期的におこなわれるイベントやコンサートを楽しみにしているといったファンも多いでしょう。

●明治「果汁グミ」
巨大な建物の次は、小さなグミ。
明治製菓の「果汁グミ」も、2018年に30周年を迎えました。
これを読んでいただいている方の中にも、グミファンは多いのでは?
グミはなんといってもあの食感がたまらないですよね。
果汁グミのこだわりは、果汁100というのにあるそうです。おいしさはもちろん、安心して食べることができるようにという思いからだとか。
定番のぶどうやみかんとともに、キウイなど新しい味も登場しています。

●エイベックス
企業だと、エイベックスが創立30周年。
今はグループとしてさまざまなジャンルに活動を広げていますが、中核となっているのは音楽事業です。
そのとおり、平成のヒット音楽といえばエイベックスのレーベルとともにあった、というのは疑う余地がないでしょう。
移り変わりが激しい音楽業界だけに、30年間の歩みはとてもここではまとめられません。下記の記事は企業の成長や変化とともに、時代時代を彩ったアーティストについてもよくまとまっていますよ。

エイベックス30周年は寿命か始まりか? 松浦勝人の軌跡(NewsPicks)
https://newspicks.com/news/2942501/body/

さて平成ももうすぐ終わろうとしています。
期せずして2018年の30周年というのは、意味深いものになりました。

 
ソーダガラス表彰楯【DSP-2】
ソーダガラス表彰楯DSP-2

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文