Crystal Blog

私たちが扱う製品の一つに、「楯」があります。
もちろんクリスタルガラス製ですが、世の中にはそれ以外の楯もいろいろあるもの。広い目で見た記念品選びの参考として、楯の種類を紹介しましょう。

●木製の楯
昔からの楯の定番、というとこのタイプを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。木材をベースにした楯です。レリーフに王冠や女神、鷲などの図柄がよく使われます。ちょっと変わったところだと図柄に鳳凰をあしらうといったタイプもあります。天然木や圧縮材を素材に使い、サイズもいろいろあります。
価格も比較的リーズナブルに抑えられるというのも、木製の楯がよく選ばれる理由です。

●ハイグレードの楯
楯といえば記念品ですからもともと豪華な品ですが、さらにワンランクアップさせたものが、ハイグレード楯として分類されます。
何をハイグレードと呼ぶかですが、ベースに天然石や木目の美しい木材を使うなどをしたものが多いようです。また取り付けるレリーフを鋳物や金箔にするなどで、より高級感を出している商品もあります。

●アクリル製の楯
アクリルとは合成樹脂の一種で、軽い、丈夫といった特徴があります。
透明感もあるので、記念楯としても好まれます。
いわばプラスチック製品なので価格を抑えられることも魅力。予算が限られていたり、多めの数が必要な場合に好まれます。

●ミラーの楯
光沢のあるミラー仕上げの楯。
鏡面の上にさまざまなレリーフがのっています。レリーフを使わずに、鏡面に加工を加えることもあります。

いかがだったでしょうか。素材の違いをもとに、主要な楯のバリエーションをピックアップしてみました。これらに加え私たちが扱うクリスタルガラス製の楯があります。

今回は素材で大まかに分類してみましたが、実際には多種多様。たとえば木製楯だけでも、本文では触れていないスターウッド素材があったりします。またレリーフや加工、費用のグレード感によってもさまざまな種類に分かれます。
メリットとデメリットもいろいろですので、さまざまな視点から幅広く楯選びをしていくのがベストです。

 
クリスタル表彰盾【DP-2】
クリスタル表彰盾DP-2

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文