Crystal Blog

初夏の6月ころは、クリスマスやバレンタインデーのような恋愛が盛り上がる日が見あたりません。しかし時はジューンブライド、つまりゴールインといえる結婚式で人気の月です。

というわけで、結婚式でよくかかる“あの”名曲たちを紹介していきましょう。
一度は式場で流れているのを聞いた、という人も多いのではないでしょうか。

●『トリセツ』(西野カナ)
女性が自分自身の取扱いについて歌い上げるという、ユニークな曲。キュートでポップな曲調で、式場が甘酸っぱい雰囲気につつまれること間違いなしです。「永久保証の私」、という歌詞がジンと来ますね。

●『にじいろ』(絢香)
まさに、二人に始まりの曲。美しいストーリーが軽快なリズムで歌い上げられているので、使いどころもいろいろです。NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」の主題歌だったので、多くの世代が耳にしています。来賓する幅広い年齢層にも支持されやすい曲ですね。

●『CAN YOU CELEBRATE』(安室奈美恵)
発売は1997年といいますから、これから挙式するカップルの多くがリアルタイムのこの曲を知らないでしょう。しかしこれからも結婚式の定番として、広く使われていくのではないでしょうか。そう思わせるほどの存在感を持つ名曲です。新郎新婦の退場シーンに多く使われているようです。

●『Honesty』(Billy Joel)
古典ともいえる、洋楽の定番曲はこれです。曲名を直訳すれば「誠実」であり、結婚式でのメッセージにこれほどうってつけのものはないかもしれません。バラードですが烈しくうったえかけるサビの部分もあるため、感動をいっそう高めます。

他にもさまざまな曲が結婚式では選ばれています。
結婚をする二人がリアルタイムで自分たちの慣れ親しんだ曲を選択する、というのもありでしょう。
曲というのは形はないですが、極めて大きく感情を揺さぶり、印象を高めてくれます。

私たちが提供するクリスタルガラス製品は形があり、後々の記憶を呼び覚ましてくれるもの。こちらもお好みに合わせてお選びください。

 
クリスタルリングピロー【DR-1】
クリスタルリングピローDR-1

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文