Crystal Blog

アイドルが多様化し、身近な存在になっている昨今。応援のカタチもいろいろです。
そんな中で変わらないのが、応援しているアイドルとはいつかさようならをしなければならない、ということ。

アイドルが引退をする、ということもあるでしょう。
アイドルが別の道に進んでいく、ということもあるでしょう。

あるいは応援をしている自分自身が、アイドル応援ということから離れていくことだってあるはずです。

この記事では、今現在アイドルを応援している人の多くがリアルタイムでは知らないであろう、伝説的なアイドルとのお別れシーンを二つ紹介したいと思います。

●キャンディーズ
「普通の女の子に戻りたい」。
このフレーズが今も残るのが、三人組のアイドルグループ「キャンディーズ」の解散でした。
解散なので芸能界そのものから引退してしまうわけでなく、三人がそれぞれ別の道を歩んでいくということになりました。
解散コンサートの人気は凄まじく、周辺はもちろん、取材するヘリコプターの音さえも声援によりかき消された、という逸話が残っています。

●山口百恵
芸能界は時として、引退をした後にまた活動を再開させるというケースが多く見られます。
これは本人の意思にかかわらず、周囲からの声もありそうせざるを得なかったということもあるでしょう。あるいは引退そのものをさせてもらえないことだって多いはずです。
トップアイドルならなおさらですね。けれども正真正銘、人気絶頂の時に芸能界から去ったトップアイドル、それが山口百恵です。
山口百恵はステージの床に静かにマイクを置き、去っていきました。これが今でも伝説として語り継がれるシーンです。そしてアイドルとしての山口百恵は本当に、ファンの前から永久に姿を消したのです。

時代背景もまったく違いますし、こうした重厚な物語がいま生まれる可能性はまずないでしょう。

しかしアイドルに限らず「誰かを応援したい」という気持ちは変わらないはず。
応援している人へのプレゼントとして、あるいは応援をしていた自分自身の証として。私たちのクリスタルガラス製品をぜひ。

 
ホワイトガラス表彰盾【PS-U1】
ホワイトガラス表彰盾PS-U1

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文