Crystal Blog

人が亡くなれば、その存在はこの世から消えてしまいます。
しかし記憶、思い出は残ります。
そんなメモリアルには、品物のような形があるもの、曲や言葉といった形がないものもあります。料理の味というのもありますね。

人は一体、どんなものをメモリアルとして心に留めているのでしょうか。
一般的に形見と言いますが、ここでは幅広く記憶とセットで心に留めるものを紹介してみましょう。

●宝飾品
指輪やネックレス、イヤリングは女性が形見として大切に持っているという話を聞きます。
肌身離さず身に着けているケースもあれば、大切な日、特別な時だけそれを身に着けるという話もよく聞きますね。

●写真
思い出の品としてもっとも多くあがるのが、写真だと言います。一枚ずつの写真というのもありますが、アルバムという場合もありますね。亡くなったあとに両親のアルバムをめくっていたら、自分の成長が丁寧に貼られてありまた涙するという例も。これからの時代は写真データ、それにビデオというのも増えていくでしょう。

●曲
亡くなった人が好きだった、よく口ずさんでいた曲というのもあります。
若い人がどうしてこんなに古い曲を知っているのだろうと思い尋ねたら、「亡くなった母がよく歌っていたから」と答えられたこともあります。

●味
味覚というのは強烈な印象を残すものです。そして味というのは作る人によって微妙な違いがあります。実はこの味にふれることで亡くなった人を思い出す、身近に感じるというのはよくあることなのです。

多くの人に共通するであろうモノ、コトをあげてみましたが、メモリアルとなるのは人それぞれで違います。もしも誰かが大切にしているものがあれば、そっと見守ってあげたいですね。

私たちはクリスタルガラス製の形あるメモリアル品を、多数取り扱っています。
メモリアルフォトフレームは思い出となる写真にプラス、名前やメッセージも彫刻できます。
大切な記憶をいつまでも忘れないものにするために、ぜひご活用ください。

メモリアルフォト製品
https://kinenhin.osaka/shopbrand/memorial-photo

クリスタルメモリアルフォトフレーム【FH-3】
クリスタルメモリアルフォトFH-3

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文