Crystal Blog

人生の節目節目に記念日やお祝いの日というのはたくさんあります。例えば、卒業式・成人式・出産祝い・退職祝い・還暦のお祝いなど上げていけばきりがありません。

その中でも特に重要なものと言えば結婚記念日ですよね。金婚式は聞いたことがある方も多いと思いますが、この金婚式というのは実は日本の文化ではないのだそうです。今回は、結婚のお祝いについて調べてみました。

結婚記念日の始まり

結婚記念日はもともとイギリスが発祥と言われています。毎年やってくる結婚記念日に、その記念日にちなんだプレゼントを贈り合うというのが海外の結婚記念日のお祝いの仕方です。

日本ではもともと結婚記念日を祝う習慣はありませんでしたが、明治27年に明治天皇が自らの25年目の結婚のお祝いを行ったことがきっかけで、日本人の間にも結婚記念日を祝う習慣が広まっていったのだとか。

結婚記念日の贈り物

結婚記念日をお祝いするという文化が海外から入ってくるのと一緒に、海外での結婚祝いに贈り合う品も一緒に広まっていきました。結婚1年目から15年目までは毎年、それ以降は5年毎にお祝いの品が決まっています。

例えば1年目はpaper、5年目はWood、25年目はSilverといった具合です。イギリス式と欧米式で多少の違いはありますが、このように決められたものにちなんだ品をプレゼントするのです。

日本ではこれをこのまま日本語に訳し、紙婚式、木婚式、銀婚式というふうになっています。決められている品物にはきちんと意味があり、例えば紙婚式には「白紙のような二人の将来を願う」という意味、木婚式には「家族として1本の木のようにしっかりと地面に根を張り、一体となって将来を見据えて歩んでいく」という意味が込められています。

紙婚式では、紙にちなんだ贈り物ということで、2人の思い出の写真で作ったアルバムや手紙を送る方が多いようです。木婚式には、木にちなんだ贈り物として、お箸や木製の指輪などが人気となっているようです。

金婚式は金にちなんだプレゼント

日本でも良く知られている記念日と言えば金婚式だと思います。金婚式は結婚50年目の記念日のことで、「黄金にひかり輝く豊かさ」という意味があります。

金婚式には、金にちなんだプレゼントということで、金のアクセサリーや金杯を贈る人が多いようです。50年目というと、人生の半分以上を一緒に過ごしてきたという事ですよね。

金のように豊かで輝かしい人生を送ってきた2人を祝福するために、金婚式は子供や孫が中心となってお祝いのパーティーなどを開くのが一般的です。ホテルやレストランで食事をしたり、みんなで旅行に行ったりするのも思い出になって良いでしょう。

子や孫からプレゼントを用意する場合も多いと思いますが、その場合は金にこだわる必要はありません。花束や食器、フォトフレームなどが人気のようです。2人の名前が入ったグラスなども喜ばれそうですね。

まとめ

ここまで、結婚記念日の豆知識や金婚式のプレゼントなどをご紹介してきました。
弊社では、名前を彫刻できるフォトフレームをご用意しております。2人の思い出の写真と共に、プレゼントしてみては如何でしょうか?

イギリスから始まった結婚記念日を祝うという文化が、今では日本でも一般的になりました。日頃は照れ臭くて伝えられない事も、こういった記念日であれば伝えることもできますよね。いつまでも円満な夫婦関係を築いていくためにも、結婚記念日を大切にしてみては如何でしょうか。

 
名入れガラスフォトフレーム【DF-4】
名入れガラスフォトフレームDF-4

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文