Crystal Blog

クリスマスの食べ物。その代表的なものはやっぱりケーキですね。
しかしあくまでもこれはデザート(中には違う人もいるでしょうが)。
メインの食事となると、別のものが主役となります。

そう、チキンですね。

とはいえ私は幼いころにはこのことを知らず、クリスマスの食べ物がチキンというのを知ったのはずっとずっと後なのですが。
そして「はて、クリスマスの食べ物はどうしてチキンなんだろう?」と今さらながら疑問に思いました。そこでクリスマスとチキンの関係を調べてみました。

******

このテーマを扱うには、まずチキンというざっくりした言い方ではなく、「ローストチキン」と改めた方が良さそうです。なぜならより正しくは、クリスマスの食べ物はローストチキン、というのが定説だからです。

というのもクリスマスというのは、当然ながら海外から日本に入ってきた文化。海外ではローストチキンをクリスマスには食べる、という習慣がもとになっているとのことです。
このローストチキンが何なのかもざっくりとお伝えすると、鳥の丸焼きをさすそうです。ここも後で重要なポイントになるので、一応押さえておきましょう。

さてアメリカではこのクリスマスのローストチキン、七面鳥のことだとか。日本ではチキンというのはニワトリですね。アジアでは基本的にはニワトリを使うそうなので、西洋の文化が入ってきて地域に合わせて今の形になった、という一例ですね。実際に七面鳥を使った料理というのは、日本ではそれほどメジャーとはいえないでしょう。

西洋でなぜクリスマスにローストチキンを食べるようになったのか。
アメリカ開拓時代に家畜が不足していた中で、お祝いの日に七面鳥を食べたといった説、あるいはインデアンがくれたという説などが代表ですが、明確なものはないみたいです。
こういった起源がハッキリしない習慣というのは、いろいろあるものですね。

日本にクリスマスはローストチキンを、という習慣がいつ入ってきたのか。あるいは根付いたのはいつだったかということについても、諸説あるみたいです。
江戸時代に既に入っていたというものもありますが、ケンタッキー・フライド・チキンが日本での販促活動として広めた、という話も多く出ています。これも企業活動の一環だったのかと思う方もいるかもしれませんが、おいしいチキンが食べられるんだからいいのではないでしょうか。

友人が毎年クリスマスにはケンタッキーに並ぶんだと聞いて、「イメージ的にフライドチキンは違うんじゃないか」とも思っていましたが、この説にのっとるのであればむしろ大いにありですね。今はケンタッキーだけでなく、コンビニやスーパー、レストランや他のファストフード店でもすっかり12月の定番メニューとして、フライドチキンも定着しています。

私たちが扱う商品には、名入れのグラスとして「ワイン・シャンパングラス」「ビアグラス・ジョッキ」などがあります。チキンそのものの美味しさはもちろんですが、お酒と合わせることでさらにおいしく、楽しいクリスマスの夜となる、という方も多いのではないでしょうか。そんな12月の特別な夜のために、名入れグラスを今の時期からチェックしていただけると嬉しいです。
 
美泡シャンパングラス【GL-13W】
美泡シャンパングラスGL-13W

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文