Crystal Blog

令和元年の秋の褒章で、「こち亀」作者の秋本治さんが紫綬褒章を授与されました。秋本さん以外にも、今秋は754人と25団体が褒章を受章したようです。テレビでは有名人や著名人などが紫綬褒章を受章したとニュースになりますが、その他にもこんなにたくさんの人が毎回受章しているんですね。
今回は、そんな春秋褒章について、褒章とはどのようなものなのか、どんな種類があるかをご紹介してきます。

褒章とは?

褒章とは、天皇陛下から授与される栄典の一つです。社会福祉に貢献した人、文化に貢献した人、など6つの種類の褒章があります。
褒章受章者は、毎年4月29日(昭和の日)と11月3日(文化の日)に発令され、4月は春の褒章、11月は秋の褒章と呼ばれ両者を合わせて「春秋褒章」と言います。
ただし紺綬褒章のみ、功績が発生した都度授与を行います。

褒章の種類と意味

・紅綬褒章
「自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した方」に送られる褒章です。今秋は、川に転落した車から人を救助した功績で、19歳の少年らが受章していますが、この章は年々受章者が少なくなっているそうです。

・緑綬褒章
「長年にわたり社会に奉仕する活動(ボランティア活動)に従事し、顕著な実績を挙げた方」に送られます。この褒章はボランティアに従事する団体に送られることが多いですが、2008年には受刑者更生の支援活動に奉仕したとして、芸能人で初めて杉良太郎さんが受章して話題になりました。

・黄綬褒章
「農業、商業、工業等の業務に精励し、他の模範となるような技術や事績を有する方」に送られます。受章者の多くは実業家で、過去には行政書士や農家も受章しています。日本にフランス料理を広めたことで知られる元帝国ホテル料理長の村上信夫さんも、この褒章を受章しています。

・紫綬褒章
「科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術文化分野における優れた業績を挙げた方」に送られる褒章とあって、芸能人やスポーツ選手などに授与されることが多いです。

・藍綬褒章
「会社経営、各種団体での活動等を通じて、産業の振興、社会福祉の増進等に優れた業績を挙げた方」、「国や地方公共団体から依頼されて行われる公共の事務(保護司、民生委員・児童委員、調停委員等の事務)に尽力した方」に授与されます。大企業の会長だけでなく、地域社会に貢献した一般の方が受章することも多いようです。

・紺綬褒章
「公益のため私財を寄附した方」に送られます。国や地方公共団体に対する500万円以上の私財の寄付、が基準となっています。今なにかと話題の渋沢栄一も、紺綬褒章を授与されています。

受章のお祝いにクリスタルトロフィーを送ろう

こうして見ると、褒章受章者は芸能人や有名人に限らず、一般市民の受章者も多くいることが分かります。もしかしたら身近に褒章を受章された方がいるかも知れませんし、自分が受章することもあるかも知れません。身近な人の受章の知らせを受けて、お祝いのプレゼントを考えている人もいるでしょう。
クリスタルトロフィーは名前や模様を自由に彫刻することができ、美しく高級感もあります。まさにこのような名誉ある褒章のお祝いにはぴったりではないでしょうか。
 

クリスタルトロフィー【CR-30】
クリスタルトロフィーCR-30

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文