Crystal Blog

会社や学校、団体には「創立〇〇年」「〇〇周年記念」というものがありますね。

ふと歴史のことを思うと、「そういえば築城〇〇年というのがあるなあ」という考えにいたりました。
つまり、お城ですね。そのお城ができて何年目か、ということです。

たぶんお城はそれがある各自治体で、「築城〇〇周年」といった企画をおこなっているはず。

そんな私が思いついたタイミングの前後で運よく(?)、築城イベントの告知があったのが次の三つです。
 

明石城築城400年(兵庫県)

兵庫の明石城は1619年に築城、ですから昨年2019年が築城400年にあたった年だそうです。

このお城の「坤櫓(ひつじさるやぐら)」「巽櫓(たつみやぐら)」が国の重要文化財、城跡は国の史跡に指定、日本100名城にも選ばれています。

これに宮本武蔵も関係があるとなれば、熱心なお城、歴史ファンでなくとも興味がわくことでしょう。
いま明石公園陸上競技場になっている場所は、かつて宮本武蔵が作庭した樹木屋敷があったとのことです。お城にはこうした興味深いエピソードが出てくることがあるので、見逃せません。

明石城は日本さくら名所100選にも選ばれていることで、春のお出かけで美しい自然の景色を楽しみたい、という人にもピッタリです。

明石城
https://www.akashijo.jp/index.html
 

福山城築城400年(広島県)

広島県福山市、そこにある福山城は少し先の未来、2022年に築城400年を迎えるのだそう。日本100名城にも選ばれています。

空襲により天守閣を焼失してしまうも、戦後に市民の熱意により再建されたとのこと。地域の人々と関係の深いお城だというのがわかりますね。

再建後の天守閣は福山城博物館となっており、城や地域の歴史、文化を伝える役割も担っています。

福山城博物館
https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/fukuyamajo/
 

唐船城築城800年(佐賀県)

さて少しだけ過去にさかのぼり、2018年に築城記念事業をおこなったのが佐賀県の唐船城。ここは何と築城800年! ですから築城の年は1218年です。

ハッキリとした形でお城が残っていたり復元されているわけではなく、現在確認できるのは本丸跡、狼煙台跡などの城址。山田神社、いこいの広場、唐船城公園と形を変え、地域に根差した場所として親しまれているようです。八重桜の名所としても知られます。

唐船城(有田町歴史民俗資料館)
https://www.town.arita.lg.jp/main/3163.html

************

明石城、福山城は築城の年からみて江戸時代。やはり武士の時代だなあと思いましたが、考えてみるとすでに江戸時代は安定した世の中。

一方でこの倍の長き時代を過ごしてきた唐船城が築城された1218年は、鎌倉時代です。鎌倉時代がどんな時代だったかを考えると、武家社会へと古の日本が移り変わった時で、そこから幕府が変わったり天下取りの合戦があったりと、武士を中心に激動の時が流れました。

もともと唐船城を築いた松浦党有田氏は、この地域を平安末期から治めていたという小豪族。その頃に武士というものが現れ勢力を伸ばしていったということを考えると、城ができていく過程も想像することができて、いっそう歴史ロマンに思いを馳せることができます。

400年、さらには800年というのはとても長い、悠久の時です。
今回はお城の築城というもので考えましたが、数多くの地域の歴史遺産をテーマにしたイベント、記念事業というのも面白いですね。

私たちのクリスタルガラス製品は自由なデザインで名入れができます。今回紹介したお城をモチーフに名入れをした記念品というのも可能です。
 

ホワイトガラス製ペーパーウェイト【WDW-27】
ホワイトガラス文鎮WDW-27

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文