Crystal Blog

大切なペットが亡くなってしまったとき、残されたご家族の方はとても悲しみに溢れることでしょう。

そんなペットを大切に供養するためには、どのような方法があるのでしょうか、ペットの供養には様々な方法があり、手元供養など、最近注目されている供養の方法も、ペットの供養に取り入れられているようです。

今回はそんなペットの供養方法や、ペットの供養について大切なポイントなどについてご紹介していきます。

ペットの供養には種類がある

ペットの供養をする方法には、様々な種類があります。

ペット霊園で供養する
ペットを供養する方法の一つに、ペット専用の「霊園」で供養するという方法があり、ペット専用の霊園となるため、そこで供養されているのは動物ばかりです。

ペット霊園では、ペットを納骨する納骨堂や、ペットのための法要をあげてくれるところもあります。

家族と一緒のお墓に入る
次に、家族と一緒のお墓に入るという供養の方法もあります。

人と同じお墓に入るためには、それなりの費用が掛かりますが、ペットは家族と同様と考えている方も多いため、このような供養の方法を取る方も多くいます。

自宅の庭に埋葬する
そして、自宅の庭に埋葬することによって供養するという方法を取る方もいます。

これは、小型のペットに多く見られますが、自宅の庭で供養することにより、いつでもすぐに手を合わせられるようにしているということや、自分たちの身近な場所で供養したいという考えがあるようです。

手元供養する
そして、手元供養という方法を取る方もいます。

手元供養とは、様々な形がありますが、ペットのお骨を何らかの形で自分の手元に置くというもので、ペンダントなどのアクセサリーという形で持つ方が多くなっています。

最近では、ペットだけではなく、人の供養にも手元供養が採用されてきています。

ペットの供養で大切なこと

ペットを供養する時に大切なことを見ていきましょう。

ペットロスになることも考える
ペットを供養する時に考えなければならないのは、残された家族の方が、「ペットロス」を長引かせてしまうことです。

ペットが亡くなったことで、ペットロスになり、それが近くに埋葬するなどの供養をしたことで、気持ちの整理がつかなくなってしまい、ペットロスを長引かせてしまうということもあります。

大切なのは、亡くなってしまったペットの供養だけではなく、残された家族のことも考えた供養が必要ということです。

家族とペットに合った供養
ペットの供養には様々な形がありますが、大切なのは、それぞれの家族ごとに合った供養の方法を選択するということです。

亡くなってしまったペットのことを考え、残された家族のことを考え、それぞれに合った供養の方法を取ることで、ペットロスを長引かせてしまうことも避けられるでしょう。

まとめ

これまで、ペットの供養について、様々な方法があるということや、ペットの供養で大切にするべきポイントなどをご紹介してきました。

ペットは家族同様と考えている方がほとんどだと思いますので、亡くなってしまったペットを大切に供養するために、それぞれの家族に合った供養の方法を選択してください。
 
クリスタル・ペット手元供養【TPS-1】
クリスタル手元供養TPS-1

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文