Crystal Blog

仕事、企業ではオンラインミーティングが増えてきています。
筆者は個人的には、結構前にこのオンラインMTGに出会うことになりました。
とはいっても筆者自身がその頃にオンラインミーティングをした、というわけではありません。ある会社さんが出社なしでの勤務OKだったため、他の社員さんがオンラインでミーティングに参加することもしばしばあった、というわけです。出社なしで勤務OK、今はすっかり広まった呼び方の、「リモートワーク」ですね。

ただ最初は、かなり驚きました。
20人前後が集まったミーティングだったのですが、「〇〇さんは今日自宅だから、オンラインで参加しまーす」と司会者からアナウンスがあり、まずはそこで「?」。そして取り出され、おもむろに机に置かれたのが、一台のスマートフォン。そこでますます「??」。

とはいえ流れに身を任せておけば、何とかわかってくるものです。
そのスマホから「お疲れ様でーす」と声がしました。オンラインでの参加方法は、スマホからだったのですね。
プロジェクターの画面が見えるようにと、広めの会議室で画面の斜め前に立てられたスマホが、何ともシュールだったのを覚えています。

そのミーティングは各担当からの発表の時間がありました。
スマホが立てられているだけだとあまり問題なかったのですが、オンライン越しでその人が報告をする際には、ちょっぴり不都合が。声が割れる、音声が途切れるなんてことが目立ったのです。ちなみに筆者はその会社に携わって間もないタイミングだったので、オンラインで参加している相手の顔もわかりませんでした。そのためイメージが浮かばず、余計に聞き取りづらかった記憶があります。

また不都合は、オンラインで参加をしているその人も感じていたらしく、いわく「画面があまり見えなかった」ということでした。
スマホのカメラ越しにプロジェクターの大画面を見るわけですから、なかなか厳しかったでしょう。「ミーティングの日は、なるべく出社することにします」という感想が後から出ていました。

ちょうどその会社さんもリモートワークに取組み始めた頃だったみたいで、そんな形でミーティングに参加する人がいる、というのも初めての試みだったようです。最初はやっぱり、いろいろな試行錯誤をしながらですね。スマホを置いて画面越しに参加というのも笑ってしまうようなやり方ですが、まだその頃は複数人で気軽に使えるオンラインツールというのもなかったみたいです(あるいは会社として使用不可だったのかもしれません)。

しかしリモートワーク、オンラインでのミーティング参加ということが広がってくると、ツールは進化します。そして人もそれに慣れてくるので、スムーズですね。今後は規模の大きな会議もオンラインでおこなう、という企業さんが増えてくるかもしれません。
デメリットもありますが、メリットとしたらこれまで遠くて行けなかった社員さん、スタッフさんたちもそうした会議に参加できるということではないでしょうか。会議に限らず、会社のパーティーイベントみたいなものでも、同じことがいえます。

こんなオンラインでのイベントの際にも、「社内表彰」「勤続表彰」といったものもおこなわれるかもしれません。オンラインらしくその人の顔がカメラ越しに映り、そこで挨拶をするといったことも可能ですね。本人のモチベーションアップはもちろん、「表彰されるのはこの人かあ」というのも伝わりますね。
ですからリアルで会えないなりのメリットというのもありますし、そんな時にこうした表彰制度を有効に使いよりつながりを強くする、というのも企業にできる工夫です。

そんな場面で、私たちのクリスタルガラス製品が選んでもらえると、とても嬉しく思います。
表彰制度の記念品としては、やはり「クリスタルトロフィー」がよく選ばれています。このクリスタルトロフィー、その種類はたくさんあります。
ペーパーウェイトなど実用性もプラスした記念品もあるので、いろいろと検討できます。

 
クリスタルトロフィー【CR-17】
クリスタルトロフィーCR-17

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文