Crystal Blog

一般的な表彰の記念品といえば、次の三つがすぐに思い浮かぶと思います。
・トロフィー
・カップ
・盾

これらは非常によく知られていますが、実際に自分が記念品を選ぶ立場になると「どう違うのだろう」「どんなふうに使い分ければいいのだろうか」といった、ちょっとした壁にあたってしまうのではないでしょうか。
この記事ではそんな時の手助けになれるよう、それぞれの特徴と実際の選び分けについて解説します。

トロフィー
クリスタルトロフィーCR-35A

クリスタルトロフィー【CR-35A】

トロフィーの基本的な姿は台座があり、そのうえにタワー型のモニュメントがのっているといったものです。
台座の上にのるのはシンプルなものから凝った装飾を施したもの、人の姿形をしたものなどさまざまです。

トロフィーがよく用いられるのは、スポーツ大会です。テレビで何かのスポーツ中継が始まる時に、トロフィーが大きく映し出されるのを目にすることも多いでしょう。こうした映像は権威やこれから戦いに臨む姿を強く感じさせてくれます。

カップ
クリスタルトロフィーCR-6

クリスタルトロフィー【CR-6】

カップもトロフィーと同じく、台座がありそのうえにモニュメントがのったものです。トロフィーと違うのは形がタワー型ではなく、カップ(杯)になっていることです。
カップも用途として多く使われるのは、スポーツの大会です。
トロフィーは人の姿形をしたものなど割と自由な形になっていますが、カップはその名の通り杯の形になっているので、そこで区別をつけることができます。
なお「勝利の美酒に酔う」といった言葉がありますが、カップのもともとの起源は祝杯にあります。

クリスタル表彰盾DP-15

クリスタル表彰盾【DP-15】

盾は文字や装飾を施された板状のものが、支えにより立った形状をしたものをさします。ですからトロフィーやカップと比べると、ハッキリと見た目に違いがあります。

もともと、戦いで相手の攻撃を防ぐ盾から派生したものです。トロフィーのように全体の形を大きく変化させることはありませんが、平面となっていて面積が広いので、そこに施す文字や図柄で個性が発揮できます。
盾の用途としては、企業や団体の表彰に用いられることが多くあります。またスポーツを含め、個人の表彰や業績を称えるといった時によく用いられます。

*******

用途について、整理をしましょう。

●スポーツの大会ではトロフィー、またはカップ。
●企業や団体の表彰、あるいは個人に贈る場合には盾。

ただしこれは、絶対的なルールではありません。
たとえば体育会系の色が強い会社、あるいは営業表彰でアクティブさを全面に出したい時などは、あえてトロフィーが選ばれるといったこともあります。
トロフィーは形そのもので豪華さを出すことができるので、直感的に気持ちを奮い立たせる効果も狙っているのかもしれません。

実のところ言葉の意味としては、栄誉を称えるものとしてトロフィーのなかにカップも盾も入ります。つまりもともとこれらに明確な違いはないのです。ただそういった説明では実際に選ぶことになった時に困ってしまうかもしれませんので、「一般的にはこんな選び方がされている」という程度で覚えておくといいでしょう。

なおこれらは形状で分けられることが多いですが、素材もさまざまなものが使われています。
私たちはクリスタルガラス製のトロフィーと盾を数多く扱っています(トロフィーの一部として、カップも扱っています)。
クリスタルガラス特有の輝きはこれらの記念品にまた違った魅力を与えますので、ぜひ検討の際には私たちの取扱い商品もご覧ください。

クリスタルジュエリートロフィー【CR-30A-jw】
クリスタルジュエリートロフィーCR-30A-jw

 

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文