Crystal Blog

身近な方が亡くなられた時、様々な準備が必要となり、その時慌てて用意をしたりあまり考えられずに葬儀屋に任せきりになったりと、後で色々後悔することもあるでしょう。
そのようなことにならないよう、日頃から色々準備をしたり、自分がそうなったときに子供たちに迷惑をかけないようにお墓を生前で用意をしたりする方など、考え方は様々です。
そんな葬儀で必要となるものの一つに「位牌」があります。
位牌には色々な種類があるため、ここではその位牌の種類について細かくご紹介していきます。

位牌の種類

一言で位牌と言っても種類があるのをご存知でしょうか。位牌の種類を見ていきましょう。

■春日型
春日型位牌は、もっともシンプルな位牌の型です。
受け台が四角のもので、一般的に使われている位牌がこれに当たります。

■蓮華春日型
蓮華春日型は、春日型位牌の形ではありますが、台座に蓮華を施したもので、春日型位牌の中でも華やかに作られたものです。

■勝美型
春日型位牌の形でさらに華やかな位牌となるのが勝美型です。
勝美型は、春日型位牌の札板の頭頂部が鳥の巣のような形をしたもっこう型になっているのが特徴で、高級な位牌の部類に入ります。

■葵角切型
葵角切型位牌の特徴は、角が丸くなっているところです。
角が丸いことで全体的に丸みを帯びた形になり、デザインがきれいなことが特徴と言えるでしょう。
柔らかい雰囲気になり、人気のある型の位牌となります。

■猫丸型
猫丸型位牌の特徴は、その名の通り丸みを帯びた型の位牌となっており、猫の後ろ脚の様な丸みからその名前が付けられたと言われています。
葵角切型よりも丸みを帯びたデザインとなっているため、柔らかみのある雰囲気となります。

■楼門型・呂門型
楼門型・呂門型は、位牌の足の部分が楼門のように見えることからつけられたものであり、「とも口型」になっていることが特徴です。
楼門型と呼ばれたり、呂門型と呼ばれたりしています。

■千倉型
千倉型は、台座の形を表している名前で、蓮の花を逆にした形の台座となっていることが特徴です。
位牌の型の中でも高級なタイプの位牌と言えるでしょう。

今ではクリスタル仕様も

位牌には様々な種類があり、その中でも会津塗りなど塗にも色々な種類があります。
今では、クリスタル仕様の位牌も利用されるようになってきており、見た目にも美しいクリスタル仕様の位牌を利用される方が増えてきています。
位牌だけではなく、様々なところでクリスタル製のものを見かけるようになりましたが、位牌やそれ以外の仏具においても利用されてきているようです。

位牌には「順修牌」と「逆修牌」がある

位牌には、大きく分けて順修牌と逆修牌があります。
これは、故人の供養のために遺族が作る順修牌と、生きている人が戒名などとして授かる逆修牌があります。
一般的に位牌を必要とするときは前者となるため、順修牌としての位牌を購入することになります。

まとめ

これまで、位牌の種類についてご紹介してきました。
位牌を購入する機会はあまりあってほしくないところではありますが、いざ購入しなければならないことになったとき、慌てずに選択できるように、日頃から位牌についての知識を付けておくと良いでしょう。
 
クリスタル位牌【KH-14A-uvs】
クリスタル位牌KH-14A-uvs

お問合せはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文