Crystal Blog

以前このブログで、企業の○○周年記念というのを紹介したことがあります。
こうした周年記念事業は、自治体でもおこなっています。この記事では、2020年がちょうど半世紀となる50周年のタイミングにあたり、記念事業をおこなった自治体をいくつか紹介していきましょう。

東京都福生市

令和2年の7月に、市制施行50周年を迎えています。
福生は東京の多摩地域にあり、市が選定する「ふっさ十景」に代表される豊かな自然に彩られた街です。
この記事を書くために福生のことを調べていたら、「スローなブギにしてくれ」という小説の舞台だったということを知りました。
むかし映画にもなり、同名の主題歌も大ヒットした非常に有名な作品です。機会があれば訪れて、そうしたことを思いながら福生の街を歩いてみたいと思います。

福生市市制施行50周年事業
https://www.city.fussa.tokyo.jp/1009004/

大阪府四條畷市

同じく令和2年の7月に、市制施行50周年を迎えています。
四條畷は北河内、つまり大阪府の北東部にあります。四條畷の歴史は興味深いものがあり、百人一首の歌で有名な持統天皇も縁のある人物として紹介されています。
また徳川家康が本能寺の変の時、あるいは徳川秀忠が大坂夏の陣の時にこの地と関わりを持っているなど、調べていくと多くの歴史ロマンを感じられる場所です。

四條畷市市制施行50周年記念事業
https://www.city.shijonawate.lg.jp/site/50pt/list74.html

愛知県高浜市

令和2年12月に市制施行50周年。愛知県内では南部に位置する市です。
有名なのは「日本三大瓦」に数えられる三州瓦。その主産地となっていて、瓦を専門とする美術館、「高浜市やきものの里かわら美術館」がつくられています。
また個人的に気になったのが、「鬼みち」という名鉄高浜港駅から三河高浜駅につづくという散歩道。決しておどろおどろしい場所ではなく、「美しい日本の歩きたくなるみち500選」に選ばれていて、「巨大鬼面」というユニークな瓦も見られるとのことです。

高浜市市制施行50周年
https://www.city.takahama.lg.jp/soshiki/seisaku/3114.html

北海道恵庭市

広大な大地がひろがる北海道。その中ほどに位置する恵庭市も、2020年11月に市制施行50周年を迎えた都市です。
恵庭市は北海道の豊かな大自然に囲まれているのはもちろん、市民主導による花のまちづくりが盛んということ。「美しいまちなみ大賞」の受賞歴が数多くあり、ガーデニングのまちとして知られるようになっています。

恵庭市市制施行50周年記念事業
https://www.city.eniwa.hokkaido.jp/kurashi/shiseijoho/eniwashinitsuite/6429.html

*********

ここに取り上げたのはほんの一部で、この他にも埼玉県の志木市や新座市、滋賀県の守山市、沖縄の浦添市など、2020年が節目の時期だった自治体が数多くあります。
2020年にいくつもの自治体が50周年を迎えたのは、1970年に単独市制とした自治体が多かったからです。
単独市制とは市制施行の要件を満たす(または満たす見込み)際に、合併をすることなく市に移行すること。要件とは人口を基準にしていますから、1970年という日本の人口が右肩上がりのタイミングだったことを考えると、大きく頷くことができます。

自治体は私たちの生活にとって、たいへん身近な存在です。
こうした自治体の記念行事に参加するのも良し、あるいはそれに合わせて自分たちにとって何らかの記念となることをおこなうのも、また良い思い出になりそうです。
 

マルカートスケルトンクロック【gw1000-11021】
マルカートスケルトンクロック

お問合せはお気軽に!

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文