Crystal Blog

今日は節分の日ですね。
「節分といえば2月3日」と認識している人が多いのではないでしょうか?
私もその一人で、スーパーで買い物をしているときに「今年の節分は2月2日」と店内放送が流れていて初めて知りました。

なぜ今年の節分は2月3日ではないのか気になったので調べてみました。

↓参考サイト↓
なんと124年ぶり!2021年の節分が「2月2日」 になる理由とは

節分の日は固定されているのではない

節分は「季節を分ける」という意味の雑節(ざっせつ)で、本来は各季節の始まりである立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日を指していました。そのうち立春の前日だけが残ったものが今の「節分」になったそうです。つまり、立春の前日が節分の日になるようです。

過去、2月3日ではなかった節分

直近で2月3日以外の節分は37年ぶり。2月2日になるのはなんと124年ぶり!
節分の日が動くのを知らないのも納得です。

ちなみに節分が2月3日以外になる主な年は…
・1897(明治30)年2月2日(124年ぶり)
・1984(昭和59)年2月4日(37年ぶり)
・2021年から4年ごと2月2日
・2057年2月2日
・2057年2月2日

節分の日がずれる理由

地球の公転周期が1年きっかりではないことが原因。
地球が太陽を1周する時間は、およそ365.2422日=365日+6時間弱。この6時間弱の時間差を調整するのが、4年に1度の「うるう年」です。「うるう年」は2月29日があり1年が366日になりますね。
ものすごく簡単に言うと、この時間の調整で春分の日がずれるので、その前日に設定されている節分の日も動くという事らしいです。

今年の「恵方」は南南東

恵方巻といえば太巻きのイメージですが、甘党の人はロールケーキを1本、恵方を向いてもくもくと食べるといっていました。124年ぶりの2月2日節分は少し特別な恵方巻を食べるのもいいかもしれませんね。

 
↓お祝いにオススメの名入れラベル日本酒↓
名入れ日本酒 月山 大吟醸 月の雫【g-dgin-tsuki-lab】
名入れ日本酒 月山 大吟醸 月の雫

お問合せはお気軽に!

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文