Crystal Blog

日本には毎月のように、年中行事が存在しています。
そんな月々の記念行事を紹介、この記事では3月と4月です。

3月

3月の初めはまだ寒い日もありますが、暦の上では春。そして3月の始まりにはよく知られる年中行事、「雛祭り」があります。雛祭りには人形を飾るのが有名。私の家には雛人形がなかったのですが、これが飾られているというのは憧れますね。

ひな祭り

雛祭りの歴史は古くて、平安時代には存在していた様子。そうするとゆうに千年を超える伝統行事です。調べていくとひし餅やひなあられという、この日ならではの食べ物があったことを思い出しました。
またお人形を飾って遊ぶというのと別に、自身の災いを人形に移して海や川に流すという習わしも、結びついているそうです。
「桃の節句」や、女の子が生まれて初めて迎える3月3日を「初節句」と呼ぶのも覚えておきたいものです。桃というのは色みもこの時期にぴったりですが、それだけではなく桃に邪気を払う力があるとされるのも、桃の節句と言われる由縁とされています。

3月は「春のお彼岸」もあります。時期としては3月の半ば過ぎから後半、春分の日がいつになるかで毎年の時期が少し変わります。
お彼岸はご先祖様を供養する日です。子どもの頃を思い出してみると、確かにお墓参りに行っていましたね。春休みと微妙に時期がすれていたのでぴったりお彼岸とは重なりませでしたが、こうした年中行事があることでご先祖様を供養しながら、いろいろ大切なことを学んでいく機会となっていたんだと思います。

4月

4月は名実ともに春。年度で区切った場合には、4月が春としての始まりになります。
すべての始まりともいえる年中行事の代表は、「お花見」です。

桜並木

お花見の起源も古く、有力な説では奈良時代からだとか。奈良時代といえば、日本が国家として形を為してきたまさに最初の頃。国家としての日本の歴史とともに始まり歩んできたという、とても長い年中行事です。そう考えると現代でもたくさんの人がお花見を楽しみにしているのが、理解ができますね。
もともとは梅の花を眺めていたという話もありますが、やはりお花見というと桜のイメージでしょう。各地に有名な名所があります。
私は田舎に育ったため、たくさんの桜を直に見るというのはずいぶんあとになってなのですが、その美しい光景に圧倒されたものです。入学式や入社式、時代が変化してさまざまな議論はありますが、こうした新しい出会いやスタートとお花見はやはり相性が良く感じます。

4月13日には、「十三参り」という行事も。これは数えで13歳になった子どもが、お祓いを受けて知恵を授けてもらう行事とのこと。最初の厄年、といった考えがあるのだとか。ただ十三参りは地域によって盛んな所とそうでないところがあるそうです。実は私も、十三参りというのはおこなった記憶がありません。

4月は「昭和の日」という祝日もあります。もともと昭和天皇の誕生日として、ゴールデンウイークの始まりにあたるお休みの日でした。そのあとにみどりの日を経て、現在の昭和の日となっています。

**********

歴史ある年中行事を中心に紹介してきましたが、3月は卒業や年度の終わり(に伴う異動や移動)、そして4月は入学や入園、それに入社など年度の始まりが、多くの人に関わってくる月ではないでしょうか。
私たちの取り扱う記念品も、この時期はこれらに関連した多くの引き合いがございます。ぜひお問い合わせください。

 
クリスタルファンタジークロック 桜 【SFC-8】
クリスタルファンタジークロック 桜 SFC-8

お問合せはお気軽に!

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文