Crystal Blog

4月の半ば、少し遠めへの散歩をしていると、広場にとても美しく花が咲いていました。周辺のベンチには、のんびりとくつろぐ人々の姿。お孫さんでしょうか。小さな子どもが縄跳びをする姿を、傍らでおじいさんが優しく見守っています。
時期的に桜は散ってしまい、お花見はもうできないなあと残念でしたが、暖かくなると桜以外の花も次々に咲いていきます。気温もあがるので、のんびりとそれらを眺めるのには、お花見の時期より適しているかもしれません。
そんなわけでこの記事では、春の終わりから初夏にかけて人気の花をいくつか紹介していきます。

スズラン

スズランの写真
5月の始まりは、この花とともに。5月1日は「スズランの日」です。スズランは幸運を運んでくる花とされているので、暖かな季節に向かうこの時期に、ふさわしい花といえるでしょう。
こうした意味から贈りものとしても大変人気が高い花ですが、フランスでは愛する人、大切な人へこの花を贈るという習慣があるそう。こうしたことも覚えておくと良さそうですね。

バラ

沢山のピンク薔薇の写真
これ以上有名な花はないかもしれない。そう考えられるほどよく知られる花。実際にバラは、「花の女王」とも呼ばれます。この開花時期が5月から6月にかけてということで、贈りものからガーデニングまで、さまざまに楽しめます。
ただしバラはその種類が豊富で、すべての品種で考えると、一年を通して楽しめる花です。また色で花言葉が変わる、贈る本数によってその意味が変わるといった特徴も。ポピュラーでありながら、とても奥深い花ですね。そういえば先日、「バラを漢字で表記するか、それともカタカナか」で大真面目に議論している方たちを見かけました。漢字で書くと「薔薇」。同じく高貴な響きながら、また違った雰囲気を出します。

アジサイ

アジサイの写真
一年のうちでもっとも穏やかで快適な季節ですが、梅雨という真逆のものもやってきます。梅雨はさまざまな恩恵ももたらしてくれるものの、日常では雨が多くてジメジメして、やっぱり嫌なもの。そんな時期にひと時のやすらぎを与えてくれるのが、アジサイです。雨上がりに水滴がのった花びらを眺めるのも、またこの季節ならではの風物詩かもしれません。

カーネーション

赤カーネーションの写真
5月のもっとも有名な記念日といえば、「母の日」。贈る花として、カーネーションが有名です。この習慣は1900年初頭にアメリカで始まったとのことですので、すでに100年以上の歴史があります。もともとは白いカーネーションを贈ったことからですが、現在はカーネーションといえば赤い花が定番です。この花言葉は、「母への愛」となっています。

母の日に贈る花ですが、近年はアジサイも多くなっているそう。これはピンクのアジサイの花言葉が、「元気な女性」ということから好まれているようです。また日本人がアジサイに家族だんらんといったイメージを持っているということで、幸せな家族というメッセージを無意識に込めているのかもしれません。

クリスタルガラス製品を母の日に贈りたいと考えている方からも、この時期には多くお問合せをいただけます。定番のカーネーション、あるいはアジサイといった花とともに、感謝とこれからの幸せを願う贈りものとしてぜひご検討ください。

↓母の日デザインもございます↓
クリスタルジュエリートロフィー【CR-23A-jw】
クリスタルジュエリートロフィーCR-23A-jw

 

お問合せはお気軽に!

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文